ホーム / 導入事例 / 導入事例:さなる様

導入事例:さなる様

子どもの心とつながる教師の育成を目指して 〜教育は、教師に始まり教師に終わる〜

ビジネス情報満載のタブレット向けアプリ「ビジどこ」

導入データ

セキュリティを徹底強化

セキュリティを徹底強化

POINTリモートアクセスサービス

授業のモニタリングは生徒のプライバシーにも関わるため、同校は閉域ネットワークと認証システムを使って接続を行う「ビジネスmoperaアクセスプロ」を採用し、強固なセキュリティを確保している。

POINT情報を保護し、全国の授業をモニタリング

「予備校にとって教師の教え方=授業は大切な財産」とは、理数のエキスパート真野尚己先生の言葉。天井に取り付けた小型のネットワークカメラで全国の教室をつなぎ、各社員が事務用パソコンで授業を録画するなど、教師の育成に活用している。今後はAndroid端 末でも各教室のカメラをリモート管理できるアプリ開発に着手し、導入済み「SPPM」等による情報の漏えい防止に努める予定。

インタビュー

教育は、教師に始まり教師に終わる

佐鳴予備校 IT室 室長 真野 尚己氏

佐鳴予備校 IT室
室長 真野 尚己氏

佐鳴予備校には「生徒の未来のために働いている」という強い自負がある。そのために最も力を注いでいるのが、生徒一人一人の心と向き合い、人間的なつながりを築いていける教師の育成である。

優れた教師こそ、佐鳴予備校の財産。理事長の「教育は、教師に始まり教師に終わる」という信念のもと、教師の採用は子どもの教育に対する意識が高い人を選び、採用後は「教育マシン」にならないように注意しているそう。

教育は、教師に始まり教師に終わる

教室では、30人、40人の生徒を前に、教師はその一人一人が、今なにを考え、どこに進もうとしているのか常に意識を配る。その上で、人間として魅力もある教師でなければ、子どもたちは素直に教わろうという気持ちが湧かず、教師についていく気になれないという。そのため、まずはそうした「心のあり方」を身につけてもらい、それから授業の教え方に入っていくのが佐鳴予備校の教師育成方針だ。

授業スタイルを変える新技術への期待

生徒の頭の中が見えるような仕組みが欲しい

授業スタイルを変える新技術への期待

教師間の連絡に独自開発のグループウェアを使うなど、先進技術の導入に積極的な佐鳴予備校。この春からは、大画面の見やすさと処理能力の高いプロセッサを内蔵するGalaxyNote IIを社員に貸与し、映像教材を含む情報資産のより広範囲な活用法を模索中とのこと。
教室内でも、昔ながらの黒板+チョークに代わる独自の「See-beシステム」を考案し、パソコンの資料映像を白板に映しながら授業を行っている。それでも、「分かっているのか? いないのか? その把握がしにくいんですよね」と真野尚己先生。「例えばタブレットから、生徒の頭の中まで一目で分かる仕組みがあれば、教室での授業という形が変わると思います」。

担当者からのメッセージ

株式会社NTTドコモ 東海支社 静岡支店 浜松営業所 法人営業担当主査 岡田 晃宏

株式会社NTTドコモ 東海支社 静岡支店 浜松営業所 法人営業担当主査
岡田 晃宏

先進的なシステムを自社開発されるさなる様に対し、今後も業務革新のお手伝いができるような提案をさせていただきます。

お客様プロフィール

株式会社さなる様

社名:株式会社さなる様
所在地:静岡県浜松市中区海老塚2-1 サナルビル 8F
従業員数:953人

導入サービス・ソリューション

この導入事例をPDFで確認(PDF:1.14MB)

[ PDF : 1.14MB ]

この導入事例を動画で確認(2:15)

[ 動画 : 2:15 ]

関連リンク

セキュリティ対策を考える

セキュリティ対策を考える

管理や紛失時の対処など、スマートフォン・タブレットのセキュリティ対策について、管理者・利用者の視点からご紹介します。

関連する事例を探す

目的:「スマートフォン」の導入事例

一覧を見る

業種:「学校・教育」の導入事例

一覧を見る

※ 導入事例内に表記している金額は、取材当時のものです。

法人契約をお考えの方へ

ビジネススマートフォン F-04F

ビジネス情報満載のタブレット向けアプリ

最近見たページ
  • 最近見たページは、ありません。
  • Case study Guide ドコモのネットワーク技術・サービス活用 導入事例をご紹介
▲ページの先頭へ