閉じる

お客さまの声

2017年5月22日

3カ月で3kg減? ウェアラブル端末が企業を健康にする

JAしまね雲南地区本部は、活動量計「ムーヴバンド3」を用いた健康増進実証事業に参加。すると、職員の生活習慣・健康意識にポジティブな変化が表れた。

2017年3月31日

福祉施設が構築した「徘徊」事故を防ぐ体制とは

認知症患者による徘徊中の事故が社会問題化しつつあるなか、大分県の福祉施設では、あるサービスを導入することで、事故を未然に防ぐ体制を整えている。

2017年3月31日

ドコモの災害対応を影で支える緊急連絡ツールとは

NTTドコモは、突発的な災害発生時に素早く初動を開始させることに課題を抱えていた。しかし、課題解決の鍵は身近なところにあった。

2017年1月31日

“マルチキャリア”の安否確認が建設会社に向く理由

高層ビルなどの基礎工事を手がけている北栄産業は、安否確認サービスを従業員同士のコミュニケーションツールにも活用。使いやすさが意外な効果を産んでいる。

2016年12月22日

スマホによる名刺情報管理で業務効率が向上

世界規模のマーケティングネットワークを持つWIPジャパンは、名刺情報の管理が非効率である点が課題だった。そんな時、ドコモのあるサービスの導入を決断する。

2016年12月22日

スマートフォンで現場がオフィスになる

創業70年を超える老舗建設会社のライト工業は、現場にスマートフォンを導入したことで、業務の効率化を実現。その解決方法とは。

2016年12月22日

Evernoteで女子高の英語教育を大きく変革

大阪成蹊女子高等学校では、タブレット端末を用いた新たな英語学習法を採用したところ、当初の予想を超える効果があったという。

2016年12月22日

ドコモのサービスで群馬県の医療を変革

「医療先進県ぐんま」というスローガンを掲げる群馬県では、かねてから救急医療の効率化が課題だった。ドコモのサービス導入でどのように変革したのだろうか。

2016年12月12日

建築会社が見出した安否確認サービスのさらなる可能性

四国は愛媛県の建設会社「瀬戸建設」では、BCPに積極的に取り組んでいたものの、緊急時の連絡体制に時間短縮という課題があった。そこで、NTTドコモの提供する「Biz安否確認 for docomo」を導入した。

2016年12月1日

なぜニッカンは社員にドコモのスマホを与えたのか

日刊スポーツ新聞社は、災害時のビジネス継続のために、全社員にスマートフォンを付与し、確実かつ社員の負担が少ない安否確認システムを導入した。その効果は?

メールマガジン登録

閉じる

docomo Business Casebookでご紹介するお客さまの声や最新モバイル活用事例など最新記事をご案内いたします。

  • ※ メールマガジンを登録いただく際、「個人情報の利用目的」を読んで同意される場合のみ、「同意して登録する」ボタンを押し、登録へお進みください。

お問い合わせ

閉じる

法人向けサービスに関するお問い合わせ、お申込みを承っております。
法人向けサービスに関係のないご質問・ご意見の場合、お答えできないことがありますのでご了承ください。

  • ※ 回答につきましては、平日午前10時〜午後5時(土・日・祝日・年末年始を除く)に対応しております。なお、法人営業担当による営業訪問希望の場合は、その旨ご記載ください。追って担当者よりご連絡いたします。
  • ※ お客さま所在地の地域およびご注文内容によっては、お電話・メールでご連絡する場合やドコモショップへの来店をお願いする場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※ ドコモビジネスオンラインのお問い合わせフォームにリンクします。

PAGE TOP