ドコモの法人向けサイト ドコモビジネスオンライン

  • 料金・割引
  • 製品
  • サービス・ソリューション
  • 導入事例
  • お客様サポート・エリア
  • サイトマップ

ホーム / 導入事例 / 導入事例:東京都交通局様

導入事例:東京都交通局様

都営バスがめざした、リアルタイムの運行管理〜FOMA モジュールの即時性で利用者にリアルな運行情報を提供〜

※「ビジネスmoperaアクセスプレミアム FOMAタイプ」は「アクセスプレミアムFOMA」に名称が変更になりました。

メリット

1. FOMAモジュールの即時性で利用者にリアルな運行情報を提供

FOMAモジュールの即時性で利用者にリアルな運行情報を提供

都営バスでは、以前よりバスロケーションシステムを導入しているが車両の現在位置とシステム側が感知するデータの間に生じるタイムラグがあり、停留所に接近情報が表示される段階で、「すでにバスが行ってしまっていた」という問題が起こることがあった。そこで、都営バスは、車載装置をFOMAモジュールにリプレイス。GPSにより測位されたバスの位置情報は、FOMAモジュールを介して即時にセンターサーバーに送られると同時に、各停留所に内蔵の情報表示装置に反映される。このシステムの導入により、リアルタイムなバスの接近情報を利用者に届けることが可能となり、バスの利便性を向上させることに成功した。

2. 通信エリアの拡大により全路線に最新システムを導入

通信エリアの拡大により全路線に最新システムを導入

これまでは通信環境の整備が追い付かず、運行管理サービスが提供できていなかった青梅を中心とした多摩地域に、23区内と同様の最新システムを導入。広く通信エリアをカバーするFOMA網により、都営バスを利用するすべての人々に、快適さと利便性を提供できる環境が整った。

3. 高セキュリティで安定的なシステム運用が可能に

高セキュリティで安定的なシステム運用が可能に

路線バスは、常に交通渋滞と隣り合わせ。都営バスがFOMAモジュールに求めたのは、正確な運行情報を発信するための最新システム。都営バスが導入した『ビジネスmoperaアクセスプレミアム FOMAタイプ』は、都バス運行管理システムとFOMA網を専用線でダイレクトにつなぐため、高いセキュリティとともに、安定したシステム運用が可能となった。

4. 問題解決から新たな施策へFOMAで広がる可能性に期待

問題解決から新たな施策へFOMAで広がる可能性に期待

東京都交通局では、1982年に初めてバスロケーションシステムを導入。以来、運行管理システムを刷新することで常に利便性を追求してきた。そして、FOMAモジュールを搭載した最新システムの構築により、旧来の運行管理システムが抱えていた課題を克服。「バスは時間が読みづらい」という固定観念を払拭することに成功した。今後も通信を使った新たなサービスを考え、利便性の向上を追及していく。

お客さまの声

自動車部 営業課 結城 穂高 様

自動車部 営業課
結城 穂高 様

FOMAモジュールを搭載した現行の運行管理システムは、Googleマップ上でリアルタイムに車両位置を把握することができます。あまり想定したくはありませんが、車両が止まってしまった際にも詳しい場所が分かるので、素早く対処することができますね。システムの切り替えにあたってはいくつかの選択肢がありましたが、今振り返ってみると、FOMAモジュールでなければ実現できなかったことが多かったように思います。都営バスでは、これから青梅を中心とした多摩地区での運行管理がスタートしますが、FOMAのカバーエリアの広さがなければ、多摩地区でのサービスインは実現できませんでした。頻回運行が常となっている都心部と比べて、運行頻度の低い郊外では、バス一本が大きな意味を持ちます。都営バスを利用されるすべてのお客さまに『都バスをもっと便利に!』活用いただけたら、とてもうれしく思います。

※ 会社名、所属等はすべて取材当時のものです。

お客さまプロフィール

導入サービス・ソリューション

この導入事例をPDFで確認(PDF:1.58MB)

[ PDF : 1.58MB ]

関連する事例を探す

業種:「運輸」の導入事例

一覧を見る

※ 導入事例内に表記している金額は、取材当時のものです。

法人契約をお考えの方へ

ビジネスプラス

最近見たページ
  • 最近見たページは、ありません。
▲ページの先頭へ